MEKAKUCITY M's

MEKAKUCITY ACTORS VOCAL & SOUND COLLECTION

MEKAKUCITY ACTORS VOCAL & SOUND COLLECTION MUSIC PLAYER

メカクシラジオ最終回 #13公開!
メカクシラジオ #12公開!
ALL
GENRE
MOOD
STORY
ARTIST
disc
MOVIE
GENRE - PLAYLIST
Chill
落ち着きたいとき、考え事をしている時におすすめなのがこのジャンル!メカクシティアクターズを彩った音楽があなたを癒やします。
DANCE!
踊りたい日もそりゃあるよね!そんな時はこのジャンルを聞いて盛り上げていこう!メカクシティアクターズを彩った音楽でパーティを開こう!
Jazzy/Funk
ちょっぴり大人なJazzy/Funkな楽曲たち!メカクシティアクターズを彩った音楽の中でも特に大人なこのナンバー達を是非聞いてくださいね!
PianoSongs
かわいい曲からきれいな曲、更にはクラシカルな曲まで。メカクシティアクターズには様々な表情を持つピアノの曲が使われています!
MOOD - PLAYLIST
STORY - PLAYLIST
act 1「人造エネミー」
引きこもりの青年・シンタローは、パソコンに住み付いた電子の少女エネとともに、部屋の中で鬱々と過ごしていた。壊れたキーボードを買い換えるため、デパートに出かけたところ、なんと人質テロ事件に巻き込まれてしまう。そこでシンタローは謎めいた人物たちに遭遇する…
act 2「如月アテンション」
現役女子高生アイドル・如月モモは夏期の補習を受けるため、学校に向かっていた。道中多くの人から声をかけられ思ったように進むことが出来ないが、「人の注目を集めてしまう」のはいつものこと。ただ、唯一違うのは、不思議な人々との出会いがあったこと。
act 3「メカクシコード」
群衆から逃れたモモは、自身の秘密を知る者たちに出会う。「メカクシ団」と名乗る彼らは、モモに入団を勧める。 入団を決意したモモたち「メカクシ団」が訪れるのは、兄のシンタローが決死の覚悟で向かったデパートだった。
act 4「カゲロウデイズ」
如月モモとの騒動の後、買い物を済ませたヒビヤ。買ったのは好意を寄せるヒヨリへのプレゼント。意気揚々とプレゼントを渡したヒビヤだが、「いらない」と、一蹴されてしまう。 しかも二人で過ごせると思って、田舎から都会にいるヒヨリの叔父の楯山家に来たものの、そこにはコノハと名乗る見知らぬ青年がいた。
act 5「カイエンパンザマスト」
テロリストによるデパート襲撃事件から1日が経過し、シンタローが目を覚ますと、そこは見知らぬ場所であった。どうやらメカクシ団のアジトのようだ。 改めて団員達と顔を合わせた後、半ば強制的にメカクシ団への参加を促されるが・・・
act 6「ヘッドフォンアクター」
担任のせいで、文化祭で特別企画を行わなくてはならなくなってしまった榎本貴音はため息をついていた。一方、同じクラスの九ノ瀬遥は企画を行うことに前向きだ。 遥のアイディアから、各員の特性を活かした企画を思いついた貴音。文化祭が始まる。
act 7「コノハの世界事情」
倒れてしまった遥から、逃げるように学校に帰ってきた貴音。 そこで後輩のアヤノと出会い、自分の気持ちに素直になるべきだと忠告される。 「遥と一緒にいたい。」その気持ちに気付き、想いを伝えたいと思った彼女に、持病の発作が起こってしまい…
act 8「ロスタイムメモリー」
病院で合流したシンタロー、セト、キド、マリー、モモ。 目の前で起きた事故の顛末を語るシンタローだが、現実の出来事なのかいまいち自信が持てない。 すると病室から事故にあった少年・ヒビヤが飛び出してきた。 周りの静止をまるで聞かない彼は深刻な顔で呟いた。 「はやく行かなくちゃ」。
act 9「アヤノの幸福理論」
孤児だったつぼみ、幸助、修哉が引き取られ、姉になったアヤノ。家族が増えた楯山家は今日も賑やかだった。 そんな時、両親が事故に巻き込まれ、母が行方不明になってしまったとの知らせが届く。 悲しみに暮れる彼女だったが、皆を落ち込ませまいと気丈に振る舞う彼女は、父であるケンジロウの部屋であるものを見つける。 それは母の手作りの絵本と、日記が綴られたノートであった。
act 10「空想フォレスト」
それは遠い昔のお話。娘のシオンと共に、夫であるツキヒコの帰りを待つアザミ。 だが、暴徒と化した村人達によって彼らの幸せな日常は脆くも崩れ去ってしまった。 時は流れ、シオンは娘のマリーと共に、日々を過ごしていた。 家の外に出ることを禁じられたマリーだったが、ある日、その禁を破ってしまい…
act 11「オツキミリサイタル」
一人で夜の街を歩くカノ。思い出すのは、姉であるアヤノのこと。 自分たちを守るため、蛇と対峙し、そして自ら命を絶った。 そこに、カノを心配し探しに来たセトが現れる。 2人でアヤノの墓参りをしている中、感情が溢れ、カノは自らの想いを吐露し始める。
act 12「サマータイムレコード」
シンタローを除き、集結したメカクシ団。 それぞれの能力を駆使しながら、「蛇」にとり憑かれたケンジロウの元へ急ぐ。 そして、「蛇」から語られる、この世界の仕組み。 また繰り返すのか、それとも… その「目」に映る結末は?
ARTIST - PLAYLIST
じん
1990年10月20日生まれ、北海道利尻島出身。 作詞・作曲家、小説家、マルチクリエイターとして活動。 2011年より動画投稿を始め、歌詞のストーリーがリンクした楽曲群「カゲロウプロジェクト」の関連動画再生数が1億再生を超える爆発的なヒットになる。 2012年5月に1stアルバム「メカクシティデイズ」が発売。続く1stシングル「チルドレンレコード」で「第27回日本ゴールドディスク大賞」ベスト5ニュー・アーティストを受賞。 2ndアルバム「メカクシティレコーズ」ではオリコンウィークリー初登場1位を獲得。 2014年4月より自身原作のアニメ「メカクシティアクターズ」の放送が開始され、同アニメのOP&EDテーマソング、シングル「daze/days」がオリコンウィークリー初登場3位を記録した。 また、自身執筆の小説、漫画「カゲロウデイズ」シリーズの関連書籍累計650万部を突破する等、様々なメディアで活躍中。
メイリア from GARNiDELiA
GARNiDELiAのボーカル。幼少期から歌とダンスを学び、13歳から音楽活動を開始。 ソロ活動としては、「メカクシティアクターズ」の主題歌「daze」を『じん ft. メイリア from GARNiDELiA』として担当。 動画共有サイトにこれまでに公開してきた動画の再生回数は数百万回を記録し、その本格派の歌唱力で人気を博している。 また、歌だけではなくダンスもこなし、マルチな才能を発揮している。 ダンス初投稿作品となった「Girls」は動画共有サイトで100万再生を突破し、最新作「Lamb.」も100万再生を突破した。
LiSA
2010年に放送されたTVアニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster」の歌い手に抜擢され話題を集める。 その後、LiSA名義で2011年春にミニアルバム「Letters to U」でソロデビュー。 以降リリースしたシングル7枚とフルアルバム2枚は、すべてオリコン上位を記録。 日本国内のツアーや海外のアニメフェスでの扇動的で観る者を圧倒するパフォーマンス、その親しみやすいキャラクターやファッション性などが話題に。 2015年1月10日・11日には日本武道館2DAYSワンマンライブを成功させた。国内だけでなく海外でもその活動の幅を広げている、今最も目が離せない大注目のアーティストである。
ヨシダタクミ(phatmans after school)
札幌から現れた4人組バンド。クマのキャラクターをアイコンとして、メンバーの姿をいっさい露出せずに活動。 2013年リリースのMajor 2nd Single『ツキヨミ』が、TVアニメ「夜桜四重奏~ハナノウタ~」の EDテーマに決定。 リリース後には自身初となるワンマンツアーを開催し、全公演即日SOLD OUTとなるなど認知度が急上昇!! 2014/12/03、待望の1st Album『セカイノコトハ』をリリース!!2月から全国7カ所でのワンマンツアーを開始する。
田口囁一(感傷ベクトル)
やさぐれ子猫
中沢伴行(I've)
長野県出身 1月9日生まれ 山羊座 A型 I've結成時からのメンバーとして、PCゲームの楽曲からI've所属アーティストのメジャー楽曲までを手掛けるコンポーザー。 学生時代からDTMやバンド活動を通じてデジタルでの音楽制作に興味を持ち、学校を卒業後ファクトリーレコーズに加入。1998年のI've結成当初からメンバーとして参加する。 以降、メインコンポーザー・高瀬一矢、C.G mixらと共にPCゲームの楽曲を中心として作曲と編曲を手掛け現在に至る。 2005年からはI've所属アーティスト・川田まみのメジャーデビューに伴い、メジャー1stシングル『radiance』からメインプロデュースを担当。 また、I've武道館公演『I'VE in BUDOKAN 2009 ~Departed to the future~』やKOTOKOをボーカルに迎えるユニット「Outer」など、プレイヤーとしての活動も行っている。 I'veクリエイター陣の中では最年少ながら、美しいメロディーラインを持つ繊細な曲からキャッチーでインパクトの強い主題歌ソングまで多くのファンを持つ、天才肌のコンポーザーだ。
奥井亜紀
1971年10月19日生まれ 兵庫県出身 1993年 Sg「銀のスプーンで」でデビュー。 2012年 自身の新曲と携わってきたTVアニメの楽曲を収録したアルバム「OPENER」リリース。 アコースティック・ワンマンライブ「うたの素」を中心に活動中。   ワンマンライブ「うたの素 Vol.42」   2015年5月2日(土)   TSUTAYA O-Crest 17:00/ 17:30   前売¥3,900-/当日¥4,400-(税込・ドリンク別)
松山晃太(BYEE the ROUND)
都内を中心に活動するロックバンド「BYEE the ROUND」のギターボーカルであり、すべての作詞作曲を担当。 圧倒的で強烈でスリリングなライブパフォーマンス、突き刺さるメッセージ、 美しい旋律とカオティックが交錯するサウンドが話題を呼び、多方面から注目を集めている。 2ndフルアルバム「ニンゲンジオラマ」発売中。
Lia
15歳で渡米。ゲーム、TV&劇場版アニメ「AIR」の主題歌「鳥の詩」、挿入歌「青空」のヴォーカリストとして抜擢され、その歌声が話題になり、"クリスタルヴォイス"と称されるようになる。 2010年には、TVアニメ「Angel Beats!」のオープニング主題歌「My Soul, Your Beats!」がオリコンウィークリー初登場で自己最高の3位を記録した。2011年には、Billboard JAPAN MUSIC AWARS 2010にて、Independentチャート部門の年間1位を「My Soul, Your Beats!」で受賞。第43回オリコン年間ランキング2010度アニメタイアップシングルでも年間1位を獲得する。また、ヴォーカリストとして参加したアルバム「Calling All Dawns」が2011年度グラミー賞を受賞。 2014年にはTVアニメ「ウィザード・バリスターズ」OPテーマ「JUSTITIA」やTVアニメ「メカクシティアクターズ」オープニング/エンディングテーマソング「daze / days」をリリースする。
ANANT-GARDE EYES
蒲池愛とNagieによるElectro-Acousticを基調とした作編曲家ユニット。TVアニメ「Angel Beats!」主題歌編曲と劇版を担当。TVアニメ「メカクシティアクターズ」エンディング主題歌編曲と、劇版の一部を担当。ピアノやストリングスといった緻密にスコアリングされた楽器群とアルゴリズミックにサウンドプログラミングされた抽象的な電子音が対等の関係で融合していくアンサンブル、様々なスタイルの音楽を取り入れ独自の世界感を作り出している。アニメ、CM音楽、映画音楽、インタラクティブなライヴエレクトロニクス作品など幅広く活躍中。
春奈るな
1991年10月11日生まれ。第4回「アニソングランプリ」をガンダムSEEDのコスプレ姿で東京大会を勝ち抜き注目度が急上昇。 2012年5月2日、梶浦由記が作詞作曲を手掛けた「空は高く風は歌う」でメジャーデビュー。その後、「Overfly」や、じんプロデュースによる「アイヲウタエ」などヒット曲を連発。 2013年8月、1stアルバム「OVERSKY」発表。2014年8月に「Startear」をリリース。同年12月12日に渋谷公会堂ワンマンライブを成功させる。2015年1月に7枚目のシングル「君色シグナル」、そして3月25日に待望のニューアルバム「Candy Lips」発売! さらに、5/6(水・祝)東京・メルパルクホール、5/10(日)大阪・森ノ宮ピロティホールにてワンマンライブ「春奈るなLIVE2015”Candy Lips”」の開催が決定! 現役「KERA」モデルとしても活躍中。
ナノウ
2008年からニコニコ動画に自作ボーカロイド楽曲を投稿し始め、ボカロPや歌い手としてのネット上での活動が注目を集める。2010年末に発表した自身初のオリジナルアルバム「Fantasm-O-Matic」は発売から2週間足らずで完売。 2011年3月にボカロPによるレーベル「BALLOOM」の設立メンバーとなり、2011年9月に、代表曲「ハロ/ハワユ」、「3331」、「文学少年の憂鬱」などを含むオリジナルアルバム「The Waltz Of Anomalies」、2012年8月にギター弾き語りカバーアルバム「UNSUNG」、そして2013年9月に自身のボーカロイドアルバムの集大成となるベストアルバム「andLOIDS -All time best of nanou-」をリリース。 ボーカロイドクリエイター「ナノウ」としての活動と共に、3ピースのロックバンド「Lyu:Lyu(リュリュ)」のボーカル・ギターとしての顔も持つ。
IA
「VOCALOID(TM)3」の音声ライブラリソフトウェアとして 2012年1月27日に誕生。透き通るような高音域のロングトーンが最大の魅力、かつスピーディなロックやリズミカルなダンスミュージックを歌いこなす柔軟性も併せ持つ。 2012 年「IA× じん」によるタイアップシングルの発売、Zepp Divercity Tokyo での初ライブを 皮切りに、アーティスト活動をスタート。 2013年より2年連続で国内最大級の動員数を誇るモータースポーツ「SUPER GT」のイメージガール、オフィシャルテーマソングをIAが担ったほか、世界的に人気の音楽ゲーム、タイトー「GROOVE COASTER」とのダンスミュージックコラボや、アパレルブランドとのコラボアイテムを展開。 また、アニメ「メカクシティアクターズ」の挿入歌「オツキミリサイタル」でのボーカル起用に加え、2014年12月発売の新世紀エヴァンゲリオンコミック最終巻に収録された CDにてボーカルとして抜擢され話題となった。 2013年以降は、海外においても勢力的に活動を行っている。フランス・台湾でのライブを成功させたほか、全米最大規模のポップカルチャーコンベンション 「NY Comic Con」をはじめ、ニューヨーク・シアトル・サンフランシスコ・ロスアンゼルスにおいてライブ上映会を開催、好評を博した。 2015 年 1 月に開催した3周年記念イベントでは、初のARライブを実施。ネット配信での生中継視聴者が 47,000 人を超え、大盛況を収めた。 同年6月25日には、PlayStation(R) 音楽ゲームソフト「IA/VT ‒COLORFUL-」の発売が決定している等、今後の活躍から目が離せない。
Annabel
アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれのシンガー、作詞家。 憂いを含んだ繊細で透明感のある歌声でアニメ・ゲーム音楽など数々の作品に参加。 2007年、bermei.inazawaとのユニット"anNina"としてTVアニメ「ひぐらしのなく頃に解」ED主題歌「対象a」でメジャデビュー。 2009年、TVアニメ「CANAAN」のED主題歌「My heaven」でソロデビューを果たし以降、ソロ名義では7枚のメジャーシングルをリリース。 "anNina"に加え、やなぎなぎとのユニット"binaria"など、ソロの枠を越え積極的に展開している。
nano.RIPE きみコ
バンド「nano .RIPE」のヴォーカル&ギター担当。高校時代にギターササキジュンと前身バンドを結成し、2004年よりnano.RIPEとしての活動を開始。メンバーチェンジなどを経て現在の4人になる。精力的に全国各地でライブ活動を展開。CD制作も活発で、3rdフルアルバム「涙の落ちる速度」は、オリコンデイリーチャート、ウィークリーチャート共に上位を記録する。また、2014年4月より、TOKYO FMにてきみコがメインMCを担当する「nano.PIPE 月のリズム」のオンエアもスタートした。
ONE
1st PLACE|IA PROJECTがプロデュースするヴァーチャルタレント。 VOCALOID「IA -ARIA ON THE PLANETES-」に続く第2弾、音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio S」専用ボイスとして2015年1月27日に誕生。合成音声ソフトとしては頭ひとつ抜けたトーク性能と、ヒトに勝るとも劣らない情感溢れるソング性能を有しており、強力無比なツールとしてクリエイターをサポートすると共に、その能力を遺憾なく発揮し自らもタレントとしての人格で活動を行う。 「IA/03 -VISION-」TVスポット映像のナレーション、boketeとのコラボやポエトリーリーディングの投稿等、幅広いフィールドで活躍を始める。2015年、アニメ「メカクシティアクターズ」の主題歌/挿入歌&サウンドトラックアルバム「MEKAKUCITY M’s」に参加、「アウターサイエンス/じん ft. ONE」の歌唱とナレーションを担当。
石風呂
1990年生まれ 大阪出身 両親の影響で音楽を始め、中学時代に父親から譲り受けたギターを愛用している。 その特徴的な爽やかなメロディや、若者の感情を表現した歌詞は様々なクリエイターから絶大な評価を得ており、VOCALOID™を使用したロックミュージックを奏でるアーティストの中でも最も注目を集めている一人である。
TeddyLoid
弱冠18才にしてMIYAVIのライヴDJとして13カ国を巡るツアーに同行後、☆Taku Takahashi(m-flo)とアニメ"Panty & Stocking with Garterbelt"のOSTをプロデュース。柴咲コウ、DECO*27とのgalaxias!結成、"COUNTDOWN JAPAN 12/13"での"初音ミク×TeddyLoid"、ももいろクローバーZの"Neo STARGATE"のサウンドプロデュース~2013年の西武ドーム大会へのゲスト出演、アニメ『メカクシティアクターズ』へのBGM提供等、多岐に亘り活動。2013年の連作フリーDLをきっかけに、2014年8月にEP、"UNDER THE BLACK MOON"、9月に処女作にして壮大なコンセプト作品、"BLACK MOON RISING"をリリースしメジャー・デビュー。その後も『アニメ(ーター)見本市』中の吉崎響監督作品、"ME!ME!ME!"の音楽、所ジョージ氏の書き下ろしによるももいろクローバーZの『KONOYUBi TOMALe』のサウンド・プロデュース、そしてスクウェア・エニックスの『無限∞ナイツ』の劇伴等を手掛ける。かねてからコラボレーションを続けているボーカロイド、IAの3周年イベントでは、ARを駆使ししステージに現れたIAとのライヴ共演が話題に。リミキサーとしても、フリーペーパー『激ロック』との企画がスタート。ROTTENGRAFFTY等、大物ラウドロック系バンドを手掛け、新境地を見せている。
sasakure.UK
2月11日、福島生まれ。作詞・作曲・編曲の全てをこなすサウンド・プロデューサー。 幼少の頃、8ビットや16ビットゲーム機の奏でる音楽に多大な影響を受けて育つ。 学生時代には男声合唱を学びながら、木下牧子、三善晃といった作曲家や、草野心平、新美南吉などの詩人・文学作家の作品に触れるようになり、この頃から独学で創作活動を開始。 インターネット上で自身のサイトを拠点に、オリジナルのインスト楽曲を発表する活動の後、音声合成ソフトVOCALOIDにインスピレーションを受け、作詞にも挑戦。 これらの楽曲を動画サイトに公開するようになると、その作品性の高さから一躍注目を集めるようになる。 時代を越えて継承されてゆく寓話のように、物語の中に織り込められた豊かなメッセージ性を持つ歌詞と、緻密で高度な技術で構成されたポップでありながら深く温かみのあるサウンド、それらを融合させることで唯一無二の音楽性を確立。 また、楽曲のコンセプトや世界観をもとに自らイラストや映像の制作も手掛け、そのマルチな才能も各方面に高く評価されている。 昨年12月には、最新作となるミニアルバム『摩訶摩謌モノモノシー』をリリースした。
白神真志朗
自身でボーカル、作詞曲等手がけるステラ・シンカという名義を軸に、ベースプレイヤー、ソングライター、アレンジャーとして、多方面で活動。 同人作家としても昨年IAを起用したボーカロイドアルバムをリリース。同作に付随した小説も手がける。
滝 善充(9mm Parabellum Bullet)
2007年、ロックバンド「9mm Parabellum Bullet」のギタリストとしてメジャーデビュー。作曲とギターを担当。 バンドの活動と並行して、楽曲の提供・プロデュース、アーティストプロデュースを手掛ける。 栗山千明、IA、アニメ「メカクシティアクターズ」・「ハマトラ」、映画「日々ロック」、DisneyとSQUARE ENIXのコラボレーションゲーム「KINGDOM HEARTS」のトリビュートアルバムへの参加など、ジャンルを問わず多岐に渡り活動中。 海老が大嫌い。
disc - PLAYLIST
MOVIE - PLAYLIST
夜咄ディセイブ/じん ft. LiSA & メイリア
じんです。夜咄ディセイブの新録ver.です
少年ブレイヴ/じん ft. nano.RIPE きみコ
じんです。少年ブレイヴの新録ver.です
アウターサイエンス/じん ft. ONE
じんです。アウターサイエンスの新録ver.です
0:00
00:00